資格 おすすめ

MENU

おすすめの資格とは?

 

「今の仕事でさらにキャリアアップしたい」
「転職したい」
「自分磨きをしたい」
・・・など、将来のことを色々考えていると思います。

 

何をするにしても実社会で武器になるのは、資格です。

 

資格があれば、昇進や転職・再就職ができるなど、
自分の可能性を広げられますよね。

 

このサイトでは、私の経験をもとに、
おすすめの資格を紹介しますので、参考にしてください。


資格おすすめランキング

 

TOEIC

 

  • 資格の取りやすさ度:
  • 人気度:
  • 転職有利度:

 

TOEICは、ビジネス英語の資格試験です。
国際化が進む今、英語ができる人はどの業界でも求められています。
大手企業では、TOEICのスコアで採用・昇進が決まるところもあります。
TOEICのスコアが高ければ、それだけで採用されることも珍しくありません。

 

また、転職だけでなく、
単純に英語ができるとカッコイイというのもありますね(笑)
外国人とペラペラ話せるようになりたいと思っている人は多いです。

 

私の場合、再就職の際に少しでも有利になるかなと思って
TOEICを受けていた時期があります。
TOEICって難しいと思うかもしれませんが、
コツさえつかめば、そんなに難しくありません。
私の場合、3カ月で820点を取ることができました。
おかげさまで就職活動を有利に進められ、
希望する企業に採用されました。

 

TOEICでスコアは、業種にもよりますが、
だいたい600点以上あればアピールポイントになります。
600点以上であれば、3カ月程度(人によっては1カ月程度)で
取れます。

 

はっきり言って、TOEICは難しくありません。
仮にあなたが英語が苦手な方であっても、
きちんと学校に行ってコツを教われば、高得点を狙えます。

 

とりあえず何か資格の勉強がしたいという人にはおすすめです。

 

>>TOEIC講座を探す

 

 

日商簿記検定

 

  • 資格の取りやすさ度:
  • 人気度:
  • 転職有利度:

 

簿記検定は、最も人気がある経理の資格です。
どの会社でも経理は必要なので、
簿記の知識があれば潰しがききます。
もちろん自分でビジネスをやる場合にもすごく役に立つのでおすすめです。

 

さらに、簿記検定から、税理士や公認会計士といった
経理のスペシャリストを目指すことも可能
です。

 

私の場合、学生時代に税理士になりたいと思って、
簿記検定を受けていました。
日商簿記検定は、経理系資格の登竜門みたいな存在なので、
先輩にとりえあえず受けとけと言われたのがきっかけです。

 

日商簿記は1級・2級・3級とあります。
3級が最も簡単で1カ月もあれば余裕で受かります。
2級は、ちょっと難易度があがって3カ月くらいの勉強期間は必要です。
1級は難しく、1年間必死に勉強しないと無理でしょう。
私は2級までは簡単に取れたのですが、1級は何度も受けてもダメでした。。。

 

転職でアピールするのであれば、簿記1級か2級ですね。
さすがに1級は難しいので、簿記2級を取るのが現実的です。

 

簿記3級までであれば独学でも可能ですが、
2級にもなると独学では難しいです。
簿記検定2級を目指すのであれば、スクールに通うことをおすすめします。

 

>>簿記検定講座を探す

 

 

ネイル検定

 

資格の取りやすさ度:
人気度:
転職有利度:

 

 

女性であれば、ネイリストに憧れるという人は多いのではないでしょうか。
私の周りにもネイリストを目指すために勉強してる子はたくさんいます。
将来、自分のネイルサロンを開くのが夢という子もいますよ。

 

実をいうと、ネイリストになるための国家資格はありません。
資格がなくてもなれます。
しかし、全くの未経験の人がネイルサロンへ就職するには、
ネイル検定があった方が有利です。
実際、ネイル検定をもっていることを採用条件としているところも多いです。

 

ネイル検定には色々な種類がありますが、
就職を視野に入れるなら、JNECネイリスト技能検定が良いです。
1級・2級・3級とありますが、プロを目指すなら2級以上が望ましいです。
初心者の人は基礎を学ぶために、まずは3級から取得しましょう。

 

3級は比較的簡単といわれますが、
2級ともなると難易度は上がります。

 

筆記試験だけでなく実技試験もあるので、
独学では難しく、スクールに通うのが一般的です。

 

>>ネイル検定講座を探す

 

他にも資格はたくさんある!

 

おすすめの資格を3つに絞りましたが、
まだまだ他にたくさんあります。

 

  • 図書館司書
  • 秘書技能検定
  • 販売士検定
  • 管理栄養士
  • 調剤事務管理士
  • 看護師
  • 医療事務管理士
  • 社会福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 言語聴覚士
  • 社会保険労務士
  • カラーコーディネーター

 

見てわかるように、医療・介護福祉系の資格が多いです。
これから高齢化社会ですから、医療・介護福祉の人材は
ますます必要とされます。
売り手市場なので転職しやすいこともメリットです。
私の友達で、32歳でIT業界から福祉の仕事に転職した人がいます。
(言語聴覚士という資格だったかな。)
2年間学校に通い、晴れて合格し、今はバリバリ働いています。

 

福祉の仕事はキツいですが需要はあるので、
興味があれば挑戦してもいいかもしれません。

 

役に立つか?よりも興味があるか?を重視しよう

 

ここまで読んで
「結局、私にはどれがいいかわからない!」
と迷っているかもしれませんね。

 

資格を選ぶ時、多くの人は
どれが転職しやすいか?どれが潰しがきくか?
などを基準にしています。
もちろん、それが悪いとは言いません。
私がかつて税理士を目指したのも、
経理の資格があれば食いっぱぐれがないと思ったからです。

 

しかし、実用性ばかりを基準に選んでしまうと、上手くいきません。

 

私は税理士を目指すために、
簿記検定を受験して、3級と2級までは取得できました。
けれども、1級と税理士試験は2〜3年勉強しても
受かりませんでした。
最初の1年間くらいはやる気に満ちていたのですが、
2年目からはモチベーションが低下して
ほとんど勉強が手につかなくなったのが原因です。
そもそも簿記なんて興味はなく、
ただ役に立つからという理由で選んだから続かなかったと思うんです。

 

いくら役に立つ資格だからといって、
興味がなければ長続きしませんし受かりません。

 

反対に、
興味がある分野の資格であれば、
勉強が苦にならないので長続きしやすいし受かりやすい
です。

 

私の場合、経理の資格を諦めて次に挑んだのがTOEICでした。
もともと海外旅行が好きで英語には興味があったので、
TOEICは受けてみたいと思っていました。
最初は600点取れればいいかなという軽い気持ちで受けましたが、
どんどん英語の勉強が楽しくなり、
結果的には900点以上(!)取れてしまいました。
「好きこそ物の上手なれ」とは本当ですね。

 

その後は、転職活動をして、現在は外資系の会社で働いています。

 

 

もちろん、それは私がある程度英語に興味があったから
達成できたことだと思います。
もしあなたが英語の勉強が苦痛で仕方ないのであれば、
他の資格、自分が興味をもてそうな資格を選ぶことをおすすめします。

 

ケイコとマナブなら、人気の資格を学べるスクールを全国から探すことができます。
自分にあった資格があるか?ぜひチェックしてみてください。

 

>>スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」